くまモンvsふなっしー。どちらが好みですか?

 

群馬県の沼田駅でゆるキャラの「たんばりん」に出迎えていただいたことがあります。

 

カメラを向けたら駅のホーム上でいろんなポーズをとってくれました。

もっとも、おとなし目のキャラなので左を向いたり右を向いたり。

それだけでしたがホノボノとした気分になったことを覚えています。

 

群馬県と言えば「ぐんまちゃん」。

銀座にあるアンテナショップが「ぐんまちゃん家」

群馬県は観光客の誘導にすごく熱心でそれが功を奏して「ぐんまちゃん家」も盛況です。

 

お盆休みです。

街は静かですね。

通りにはひとっこひとりいません。

 

おいおい、みんなどこへ行っちゃたの?

里帰り? 海外旅行?

 

あ〜あ、こちらは仕事。

目下、『齋藤さんちの猫問題』2の製作中です。

 

作りながら自分で笑っちゃってます。

しかし他人様は笑ってくれるかどうか…

 

YouTube用に予告編を制作しました。

声は出ませんが動画です。

BGMは入ります・

お盆明けにご紹介する予定です。

 

よくよく考えてみれば活動写真は重要ですね。

それもトーキー。

 

ゆるキャラの2大横綱「くまモン」と「ふなっしー」。

方や無口。

方や饒舌。

無声映画とトーキーの違いですね。

 

イマジネーションを喚起させるのは無口な「くまモン」で、大量の情報を伝えるのはトーキーの「ふなっしー」

 

物足りなかったり、うざかったり。

一長一短。

 

いや〜、どちらが好きかなんて、ボク、言えません。

 

猫はなぜ?どうして段ボールなの?

 

一日中考えていました。

猫はなぜ段ボールを好むのだろうか? と…

一日中っていうのはちょっと大げさですね。

すいません。

こういう物言いをついついしてしまうから信用されないんですよね。

特に金融関係者からは信用されない。

でも女性からは意外と信用される。

結婚詐欺氏か、オレは!

 

考えても結論は出ませんでした。

そもそも段ボールがこの世にない時代から猫は生息しているわけですから、「猫の段ボール好き」なんてのは人間が後付けで考えたに違いありません。

写真に写っているタートルは段ボールの中にいますが、おそらく人間の膝の上のほうが好きでしょうね。

ま、飼い主の都合のいい解釈ですが…

 

『齋藤さんちの猫問題』2の中で、この段ボール問題が出てきます。

ストーリーを再確認したところ、どうもしっくりこない。

主人公の「小僧」が家出をするという設定。

理由は齋藤さんちが落ち着かないから…

 

一日中考えていたのは「そんなことで猫は家出するかな〜」ということ。

 

「オレはもうこの家には戻らないよ」

「おにいちゃん!」

 

柴又駅での寅さんとさくらの別れのシーン。

『男はつらいよ』です。

 

結論として「きっと孤独が好きなんだろう」と。

 

生存のためにやむなく人間の近くにいますが、実は孤独が好き。

なのではないでしょうかね。

 

どうですか、猫ファンの方?

違う?