シアトルで暮らす猫タートルカテゴリー

猫はなぜ?どうして段ボールなの?

 

一日中考えていました。

猫はなぜ段ボールを好むのだろうか? と…

一日中っていうのはちょっと大げさですね。

すいません。

こういう物言いをついついしてしまうから信用されないんですよね。

特に金融関係者からは信用されない。

でも女性からは意外と信用される。

結婚詐欺氏か、オレは!

 

考えても結論は出ませんでした。

そもそも段ボールがこの世にない時代から猫は生息しているわけですから、「猫の段ボール好き」なんてのは人間が後付けで考えたに違いありません。

写真に写っているタートルは段ボールの中にいますが、おそらく人間の膝の上のほうが好きでしょうね。

ま、飼い主の都合のいい解釈ですが…

 

『齋藤さんちの猫問題』2の中で、この段ボール問題が出てきます。

ストーリーを再確認したところ、どうもしっくりこない。

主人公の「小僧」が家出をするという設定。

理由は齋藤さんちが落ち着かないから…

 

一日中考えていたのは「そんなことで猫は家出するかな〜」ということ。

 

「オレはもうこの家には戻らないよ」

「おにいちゃん!」

 

柴又駅での寅さんとさくらの別れのシーン。

『男はつらいよ』です。

 

結論として「きっと孤独が好きなんだろう」と。

 

生存のためにやむなく人間の近くにいますが、実は孤独が好き。

なのではないでしょうかね。

 

どうですか、猫ファンの方?

違う?

 

 

全国の猫好きさん、目下フォローユー中です

 

8月になりました。

『シアトルで暮らす猫タートルの一日』をリリースしてから1ヶ月。

手探りでPR活動をしていますがこれがなかなかに難しい。

簡単には認知されませんね。

まだまだこれからです。

『矢切の渡し』がヒットするまでに8年かかっているので、ま、地道に…

 

10日ほど前からTwitterで全国の猫好きを片端からフォローし始めました。

猫ファン、すごい数ですね。

ずいぶんと写真を見ましたよ、動画も。

飼い主にとっては飼い猫がいちばん可愛い。

「タートルも可愛いんだけどな〜」と言ったところで「ふ〜ん」でしょう。

そりゃそうです。

親にとっては自分の子がいちばんですから。

 

圧倒的にフォローが多くてフォロアーが少ない状況ですが、地道に、地道に…

近々あなたのこともフォローしますのでよろしく。