「齋藤さんちの猫問題」の英語版サンプルを作ってみました。

不足している英会話の能力を補ってもらおうと利用したのがGoogle翻訳。

もちろん多少は調整しました。

もとの日本語がへんなので翻訳もわけわからんものになってしまいましたから。

 

さっそく試してみました。

 

自宅に米国のIT企業、Appleですが、そこの社員が遊びに来たので、ちょっと観てもらいまいした。

これでどうだ?

 

勢い込んで観てもらったのですがクスリともしません。

なんだよ、お主。

英語が苦手なの?

Google翻訳だよ。

日本のカルチャーがわかんない?

iPhone作って日本人に高く売りつけてるんじゃないの?

 

じっと眺めては「う〜ん」と唸るばかり。

 

だからさ、日本の老人の切ない胸の内なのよ。

年配者よりも遅くまで寝ている、それも孫がだよ…

老人に敬意を表さないにもほどがある。

これに腹を立てない日本人なんていないんだからな。

会社に戻ってCEOによく伝えておけよ。

 

しかし顔色変えずに、ただただ「う〜ん」

 

そうか、朝、爺さんに怒鳴られて起こされないのか、米国人は!?

時差の問題じゃないぞ。

 

だから行儀の悪くてがさつな奴がおおいんだな、米国には。

特にApple社員、おまえだよ。

マナーが悪いぞ。

お世辞にでも「ニヤっ」としてみせろ。

 

英語の翻訳版の自信がぐらついております。

 

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください