クイーンよりもクラプトンのほうが面白い

スガモポイズン

 

『斎藤さんちの猫問題2』が大詰めの作業段階に入り、

来年からスタートさせる『たいへんだよ 草野球』の準備に追われ、

『スガモポイズン』の更新が一週間とどこおってしまい、

大慌てで#009の制作を再開させた今日このごろ。

 

かなり忙しい12月。

 

こんな忙しいのは嫌だと思いながら、もう一本新作を立ち上げようかと考え中で、

ボケない限り死ぬまで忙しいんだろうなと思う年の瀬です。

 

あと数日で終わる2018年ですが、なかなかに面白い一年でした。

来年はもっと刺激的な年になりそうな予感がしています。

ボクにからんだらきっと楽しいことが起こるよ。

 

だって劇的な時代のターニングポイント。

まさにそこにいるんだから…

 

あっ、忘れてた。

タイトルの件。

 

ひとこと。

昔のバンド仲間と「クラプトンの映画の方が泣ける」いう評価で一致。

 

個人的には『あの頃ペニーレインと』が最高だと思っている。

 

コメントはまだありません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

たいへんだよ 草野球
「たいへんだよ草野球」のシーズン開幕

  時代は、草野球ですよ。   なんてことを言ってる人は劇的に減ってますね。 & …

齋藤さんちの猫問題
「斎藤さんちの猫問題2」が今週の金曜にリリースします

  『斎藤さんちの猫問題2』が出ます。 ご好評の「1」に続いての続刊。   シオ …

「老人」問題
スガモポイズン10作目は社会問題に鋭く切り込んでい、ません

  『スガモポイズン』の手直しをして、『斎藤さんちの猫問題2』の発行準備をして、『たいへん …