プレゼントにいかがでしょう?

プレゼントにいかがでしょう?

プレゼントにいかがでしょう?

なんてことを言ってますが、紙媒体は出す予定はありません。

写真は表紙を印刷してダミーで作ったものです。

かわいいですけどね…

リクエストがあれば検討します。

猫っぽくなっちゃった

猫っぽくなっちゃった

 

ねっこしはnekkoshiでいいかなと思いつつ、なんか伝わらない。

自分の体も反応が鈍い。

あれこれ書きなぐっていたら、ひらがなになり、
ついには、猫っぽくなってしまいました。

このロゴでいきます。

猫、嫌いなんだけど…

ねっこしです。

ねっこしです。

 

時代は「ねっこし」です。

意味わかりますか?

ニュアンスで勝負。
わかるでしょ、なんとなく。

わたしとあなたは「ねっこし」です。
そんな感じで使います。

 

 

運命を呪ってはいけません

運命を呪ってはいけません

 

マンハッタンでふらついていた猫、800匹以上のなかから抜擢されたんだそうですね。

ついてますね〜。

オードリにスリスリされるんなら、あたしだって猫に変装して5番街あたりをうろついてればよかったと今さながら思いますよ。

イラストの進行が遅れているのでブチギレそうになんですが、「待つ」ことは創造的な営みであると某作家に諭されてしまいました。

確かに新しいアイデア、異なる視点は「待つ」ことで生まれるわけで、「待てば海路の日和かな」なんてね。

ホントかな?

第3コーナーあたり

第3コーナーあたり

 

昨年の夏頃から始めた制作作業。

ようやく「1」が、第3コーナーを曲がる付近に到達しました。

あともうちょっと。
5月にはでお披露目できると思います。

年内に、2、3、4と続刊を出す予定。
Kindleで発売予定のデジタルブックです。

ちなみに言っときますが、ボクは猫が嫌いです。
信じてもらえないでしょうがホントに嫌い。

嫌いだから出すのです。

ケニー